<ヨガの心の学び>

ポーズ(アサナ)をしたり、呼吸法を練習したり、瞑想(冥想)したりすることの深い意味を考えてみませんか?
表面的にとらえているヨガのイメージがもっと広く、深く理解され、行じることがさらに面白くなっていくでしょう。

参考文献
著書名
題名
発行元
沖正弘ヨガ入門(昭和46年初版発行)...........................光文社......................
沖正弘冥想ヨガ入門 ...........................日貿出版...................
NPO法人日本YOGA連盟ヨガの教科書改訂2(初心者から専門家まで、誰でもわかる、YOGAのすべて) ..........................LEVEL.........................
珠数泰夫こころのヨガ ..........................LEVEL........................
珠数泰夫こころもからだも楽rakuになる修正法 ..........................LEVEL........................


上記図書を読んでいただくと、さらに詳しく内容を理解することが出来ます。
初回はNo.1〜No.5、以後は順次No.100まで加筆します。

<2010年12月20日>

No.71....昨年12月創設のホームページは、一年間でアクセス回数7000件となりました。
.........誠に嬉しく、同志のみなさまに感謝と御礼を申し上げます。
.........この時代、なくてはならない通信・情報手段です。
.........制作にご協力くださる人たちに感謝です。
.........制作のきっかけは、元三洋電機(株)社長の桑野幸徳氏でした。桑野氏にご縁大切。
.........アクセス回数7000件を報告させていただきましたところ、次なるアイディア(宿題)を
.........いただきました。今後のスタッフの研究・成果に乞うご期待!
No.72....(財団法人)大阪市スポーツ・みどり『スポ・みど』振興協会の取材を受けました。
.........ホームページを見て「ヨガの素晴らしさを、社会にもっと広く知らせたい」との
.........趣旨でしたので、喜んで応じさせていただきました。
.........記者とカメラマンなど6名が90分間のヨガ行法を取材されました。
.........『スポ・みど』は大阪発元気なスポーツ・耳より情報という趣旨で、
.........創設されたそうです。来年2月発行の内容が楽しみです。
No.73....創設二年目の12月20日。
.........寒波深まるお正月まで、残りわずか10日間。
.........一年間の仕上げとして、無理や無駄を排除して、新年を迎えるため、
.........気合を入れて何事にも取り組もう。
.........平成22年のすべてのご縁に、ありがとう!を申し上げます。  合掌



<2010年12月1日>

No.66....暖かい師走となり、やはり地球は温暖化が進んでいる?
.........私の子供の頃の師走の思い出。
.........小雪が降り積もり寒い中、頭に頭巾をかぶり、綿入れのベスト(ジンべさん)を着て、
.........暗くなるまで鬼ごっこをして遊んだ記憶が懐かしい。
No.67....『ヨガの心の学び』の項目を書き出して、早や一年。
.........昨年12月に、[No.1 「健康自衛」は、すべての人の共通の願い。ヨガ生活者は、
.........その推進運動の実践者]と書いてスタートした。
.........この間、6700回以上のアクセスがあり、同志の増えたことがとても力強い。
No.68....『館長の目』では、自作の樹木や草花などを中心に、多くの種類を、
.........自前のカメラで撮影して見ていただいている。あちらこちらでお目にかかる人から、
.........お褒めのおことばをいただくことが多くなり、とても嬉しい。
.........今月は、これまた私も驚くような巨大ダリアが咲きだした。
.........今後の変化をお楽しみにご覧ください。
No.69....「僕が何か持っている、とすれば?多くの仲間でしょう」と答えた言葉が、
.........平成22年の流行語特別賞に選ばれた。
.........大学野球日本一に輝いた時のインタビューに答えた、
.........「ハンカチ王子の斉藤君」のこの表現は『立派な修行者』
No.70....私(珠数)が何か持っている、とすれば?
.........多くのヨガ同志やゴルフ仲間、それに親愛なる妻でしょう。
.........さらに加えると、ホームページ作成に関わってくださる協力・支援者。
.........12月からホームページ更新2年目となる。感謝・感激・合掌。



<2010年11月1日>

No.63....今年も正月まで二ヶ月。
.........夢の実現のために、日時を最大有効に活かそう
.........やるべきことを後回しにしないよう実行しよう。
No.64....ピンチはチャンス。
.........ピンチは考え方や行い方を方向転換せよ の神からのご指示。逃げないでゴー!。
No.65....人間は、不自然生活を余儀なくされている。
.........姿勢、食事、動作・・・など、かたよりをみつけ、
.........早期に修正・矯正しよう。



<2010年10月1日>

No.61....携帯電話の便利さとその弊害は、比較することは出来ない。
.........しかし、幼児を子守している母親が、電話に気をとられて幼児の
.........一挙手一投足を無視している間に大怪我していた、とのニュースをみた。
.........私が以前からの疑問。そのような時、携帯電話は大きな弊害といえるが、
.........もっと他にもいっぱいあるだろう?
No.62....「ヨガをすると、どんな病気でも治る!」これは大きな間違いだ。
.........ヨガを続けていると、体も心も全身も、小さな狂いや歪みを早期に見つけて修正するので、
.........バランス回復が早い。
.........病気を治すことが目的ではなく、バランスを良くして、血液やホルモン,
.........筋肉や内臓の働きをスムーズにするから、病気回復が早くなる。目的を間違わないでほしい。



<2010年9月20日>

No.59....「ガイヤシンフォニー【地球交響曲】龍村 仁監督作」の第七番作品が完成した。
.........9月19日(日)第七番完成を祝い、天河神社(大峯山本宮)で奉納試写会があった。
.........次の日には仁監督の講演もあり、この七番に賭けたチャレンジ精神というのか、
.........大事な人間の心を伝えたいとの熱意が伝わってきた。
.........何事があっても諦めない忍耐力と継続の力が大切であることがよくわかった。
No.60....瞑想・ヨガ(修正法)・ホリスティック療法&国際シンポジュウムに参加しませんか?
.........私は参加します。
.........期日:2011年2月12日(土)〜23日(水)
.........・私のテーマ:姿勢の歪み・偏りを微調整すると、心身が元気になる。
.........・「健常者のためのリハビリテーション ヨガ」理論・実習
.........・参加ご希望の方には、案内パンフをお届けできます。
.........・会場:インド/ラジャスタン
.........・旅行経費 223,000円(12日間)
.........詳細は、10月上旬 セミナー情報で記載します。



<2010年9月10日>

No.56....9月に入っても猛暑。台風9号が過ぎても猛暑。
.........酷暑・猛暑・熱帯夜のことばが使われなくなるのは何時ごろ?
.........地球環境が悪くなり、生物・動物それに人間も自然に適応性能力が、
.........高くなってきている?だから耐えられるのだ。
No.57....わがまま。気まま。身勝手な人間。
.........野菜が急騰している原因は、海水温度が異常に高くなっているから・・・とか。
.........豪雨と洪水、雨不足と高温のダブルパンチで、世界中が困っている。
.........夕食に調理していただく食品や調理人に、こころからの感謝と合掌。
No.58....世界経済は大恐慌。15年ぶりの円高傾向。日本人の海外旅行には、
.........最大の恩恵を受ける。輸出中心の産業は、破産に追い込まれる?
.........自力でこの現状を打破するのは、ストレスを見方に付け、こころを強化するしかない。
.........今こそ、【吐く息がイノチを救う!】



<2010年8月21日>

No.54....『全力を尽くして天命を待つ』
.........酷暑の極み、全国高校野球は、沖縄県代表【興南高校】と【東海大相模高校】の
.........両校の決勝となった。
.........どちらのチームを応援するか?これは自由である。
.........しかし、酷なことは、優勝はどちらか決着するまですることになる。
.........私は、準決勝の戦跡からみて、両校に優勝旗を挙げても良い!との想いで決勝戦を
.........見ていた。しかし、全力投球した結果、大差で興南高校が勝利した。
.........連日の酷暑の中『全力を尽くし天命を待った』一人一人の姿は、美しく尊い。
No.55....薬で治すな、その人自身を治すのだ!
.........今夏の猛暑は、海水温度が高くなって、異常気象を生み出している、という。
.........陸地では、6月の低温時期から7月〜8月の高温時期の煽りで、動・植物・魚類にまで
.........異常現象が発生している。
.........人間の病気は、自由気ままのグウタラ生活を繰り返していると、
.........ホルモンや体内細菌のバランスが崩れて、体質・気質が減退する、という。
.........健康回復には何が効く? ○○サブリメント? ○○食? 他に何か? ヨガ?
.........慢性的な病いは、その人自身の生活習慣をきびしくチェックして、
.........悪習慣を変えることが第一。第二は、良いとすることでも、それをいつまでも
.........同じパターンで繰り返し続けていると、効力を失うことになる。
.........温水・冷水を交互にかぶる(浴びる)と呼吸力が強くなる。これは確かに良い!



<2010年8月1日>

No.51....世界遺産「高野山《その代表的な宿坊【別格本山・宝城院】で2泊3日間の合宿が始まった。
.........7月30日(金)より8月1日(日)全国からヨガ仲間60人が早朝5時より夜11時まで
.........熱心に研修している。猛暑日が続く中、聖地の気温は約10度低く、とても快適。
.........また来年も参加したい!の声強い。
No.52....体験したことしかわからない。広く求めよ。雑学せよ。体力・気力が高まる。
.........ワンパターンの生活から脱皮して、別世界の環境に身を投じる勇気と決断力が大切。
.........生活に変化刺激を加え、大切なイノチ(生命)を喜ばしたい。
No.53....チャレンジ精神。これはスポーツなどでの勝負精神ではない。
.........暑いからすぐに冷房に救いを求める、かき氷やアイスクリームをほおばる、
.........冷えたビールをがぶ飲みする‥‥など。
.........心身の自然の感度をテらせ、諸病への準備促進対策となる。
.........逆刺激を多く求めよ。あったかいお茶で暑さ克服へチャレンジ!



感想文『ヨガ合宿IN高野山』
平成22年7月30日(金)〜8月1日(日)
2泊3日間の日程で実施の感想文を読ませていただき、ピックアップさせていただき記載しました。

・中島○マ子さま(茨城県)
.........高野山に導かれたことに深く感謝いたします。どれだけ多くの方(ご住職様や講師先生、スタッフ)に
.........お世話になったことでしょう。
.........この愛を家に帰ってから、皆様にご恩返ししたいと思っています。
・藤井○千子さま(兵庫県)
.........すばらしい合宿でした。難しい内容か?と心配もしましたが、気楽で親しみやすく、
.........それでいて普段学べない深い内容で大満足です。
・北○ 満さま(京都府)
.........普段の教室では味わうことのできない空気を感じることが出来ました。
.........一日中ヨガ三昧で過ごせ、仲間との交流、中身の濃い講師各位の講義に触れ、
.........合宿に参加できたことに感謝です。人生観の転換にもなりました。
・西仲○恵さま(愛媛県)
.........磁場の高い場所で、2泊3日の合宿は、2回目で楽しみにして参りましたが、期待以上の内容に感謝です。
.........来年も7月末に実施が決まり、ぜひ参加したいです。
・佐藤松○さま(福島県)
.........高野山合宿に導かれたことに大感謝!さらに珠数泰夫・宏子先生に親しく再会できて
.........思い残すことがありません。
.........これらのことも沖先生のお導きがあったと感じます。
.........お出会いした皆さまの今後のヨガ活動に期待します。
・山○槇子さま(京都府)
.........人間の食、毎日の私の食ということにすごく考える時でした。少しの食事(ごく少ない精進食)でも、
.........身体が軽く動くことが不思議なくらいです。常に食べ過ぎで、疲れるのでしょうね。
・三木茂○さま(大阪府)
.........仏教に対する無知を痛感しました。弘法大師の偉大さも改めて認識しました。
.........盛りだくさんの内容についていけるかな、との心配もありながら、あっという間の3日間でした。
.........内容的にとても深いものでした。珠数先生とスタッフのみなさま、感謝・感激。
・上原理○さま(奈良県)
.........珠数先生のレッスンは初めて受講しましたが、とても楽しく、納得、感動!でした。
.........歪み修正というプログラムは、今後の私にも周囲の人々にも良い影響が広がると思いました。
.........次回もきっと参加させていただきます。



<2010年7月1日>

No.49....『初一心・最後心』
.........W杯南アフリカ大会の日本チームの戦い振りには、
.........この両方の心が読み取れました。PK戦で決着、まことに残念!
No.50....今年も丁度二分の一が経過した。
.........人生は長いようで、短いのかもしれない。
.........今年達成したいことは、後半に最後心で取り組もう。



<2010年6月20日>

No.46....ご縁尊し。私の息子(孝37歳)は、インド・リシケシのヨガ道場に滞在中。
.........昔、沖導師とご一緒に世界で活躍された「B・K・S・アイアンガー師」の
.........お弟子さんに指導を受けているとか。
.........アイアンガー師は、93歳でお元気らしい。
.........父(Yasuo Juzu)を記憶されているか、確認してほしいと息子にメールする。
.........確認できれば、さらにご縁が深まる。
No.47....W杯サッカー大会(南ア)世界中が注目。
.........オリンピック大会よりTV視聴率は何倍も高いと言われる。
.........日本対オランダ戦、今夜どうなる ?臨時のファンも急増。日本のTV視聴率70%超?
.........確認できれば、さらにご縁が深まる。
No.48....ゴルフ界にビッグニュース。
.........ギネスブックに記載された、石川遼くんスコアー58。
.........宮里藍ちゃん、女子選手世界ランキング一位、ともに日本選手だ!
.........更なる祈念!! W杯(南アフリカ)で日本が決勝Tに出場だ。
.........私にもビッグニュースがありました。
.........私の著書『こころのヨガ』・『こころもからだも楽rakuになるヨガ修正法』を
.........編集・発行してくれた(株)レベル編集長〔亀井澄夫〕氏が、五年前
.........『宮里藍選手 世界一になる!』のゴルフ書を出版していたことです。



<2010年6月10日>

No.44....固定観念を持たず、雑学をすれば、体験・体得の世界が広がり
.........狭い解釈で判断したことが、とても恥ずかしく思える。
.........今回、初体験した「ノルディック・ウォーキング」は、今後の健康管理上
.........大変有用であることを実感した。姿勢が正され、膝痛や腰痛の改善になる。
No.45....梅雨入り前のバランス食として、水分補給が過剰になるとW夏バテWという
.........不定愁訴が起こりやすくなる。水分補給は、ほどほどにしよう!

<2010年5月20日>

No.41....YOGAのポーズをしているだけで、
.........ヨガをしていると思い込んでいないでしょうか。
.........全生活をバランスをとるよう意識的に努力、工夫しましょう。
No.42....80歳にして呼吸の大切さがわかったと、感動している人もいます。
.........呼吸を深めることは、『吸い込む息を強化して酸素吸収を強くすること』と
.........思い込んでいる人がほとんどです。
.........吐く息を強化することが、生活をパワーアップし、人生を変えるのです。
No.43....気候の変化と食事内容は、体質の変化にとても重要です。
.........環境が陰湿になるので、水分系の多い食事をひかえ、
.........陽性的な食べ物を選ぶようにしましょう。
.........アイスクリームなどを多食すると疲労が増加します。



<2010年5月1日>

No.36....明日(5月2日)は、37回目の誕生日。
.........だれもが生誕(A)して、教育(O)を受けて、いずれは死(M)をむかえる。
.........A・O・M(ア・オ・ム)。精一杯バランスをとり生きよう!
No.37....だれも一人では生きられない。一人でも多くの仲間と語り、励まし合おう。
No.38....今日から新しい歴史創りにいそしもう。過去のこだわり、さようなら‥‥
.........イノチ様に新鮮なお供え物をしよう。
No.39....4月は新旧入れ替えの時節。冬着ありがとう、春着よろしく。
.........退職、引退人生ご苦労さま。新入生、新鮮人生どんと来い!
No.40....当たり前のことに素直に感謝。父よ母よ、妻よ、夫よ‥‥ありがとう。
.........足さん、腕さん、心臓さん‥‥毎日休まずご苦労さまです。



<2010年4月1日>

No.31....何事も、一期一会(いちごいちえ)でご縁が広がる。
.........毎月1日のスタートは、人間が皆、平等に得られる日。
.........一つの発心(夢・望み)を実らせるのは、愛心と持続力。
No.32....4月は歓送迎会で感涙する時期。人生の新たなスタートを
.........感謝/ざんげ/下座/奉仕/愛行の5大心で行動したい。
No.33....主義・主張は大切な心ではあるが、○○主義とか△△主張で
.........固まると、余裕もゆとりも広がりもなくなり、面白みがない。
No.34....大恐竜展に行ってみた。約2億万年前の化石から発掘された
.........さまざまな体型の恐竜たち。その時代の生存力に驚く!
.........今から5000万年後には、オーストラリア大陸が日本列島に
.........接近、衝突するというデータがあった。それまでに1年に6cm
.........ずつ、ハワイが日本列島に近づいて、いずれはハワイと日本とは
.........一足飛びに行けるゾ!
.........超科学の進歩は、人間の健康にどのような影響がでるのか?
No.35....恐れず、不安がらず、今日の一刻を、精一杯楽しく、意義深く、
.........有効に過ごす工夫をしようではないか。



<2010年3月10日>

No.26....3月9日は、サンキュウの日とか。
.........自分にとって得すること有利なことに、サンキュウは低級な意識。
.........自分が持ち合わせている心を差し上げさせていただき、
.........THANKS、真実のTHANKS(感謝) THANK GOODNESS を求め合いたい。
No.27....季節の変わり目は、自分の変わり目。
.........息を強く吐き出し、一歩踏み出そう。必ず新天地開ける。
No.28....今頑張らずにいつ頑張る。種蒔きして新芽出たら根気よく育てる。
No.29....行き詰まりは終着点ではない。折り返して原点をみつめ、こだわりをはずす。
No.30....あきらめるとその時点で終わる。忍耐強く粘れば、自然道開ける



<2010年2月20日>

No.21....人間には意識的教育が必要。
.........人間として当然あるべき姿になるために、意識的・自主的に自分を磨くことが適応性拡大刺激となる。
No.22....訓練した通りの作品になる。
.........私たちは自分の身につけたこと以外はできない。体と心は鍛えないと強く、丈夫になれない。
No.23....自分らしい作品づくりは、学んだことを継続して、生活化すること。
No.24....作品を磨くのは、継続の力・楽しむ心・感謝とお詫びの心から。
No.25....“今”していることに集中する。
.........忙しい、おもしろくない、疲れる、満足できない気持ちで行うことは非能率的。



<2010年2月10日>

No.16....病の天意を理解せよ。
.........病気は、善を求め悪を拒む感じる働きが鈍り、体力を造病の方に使う適応性が身についていることを
.........示すものです。
No.17....ヨガでは、病気を治そうと思わずに、理性を回復して症状を教えとして、生命のバランス維持能力の
.........回復に協力せよ、と教えています。
No.18....病気や悩み迷いは、不必要なものではありません。
.........それどころか、自己改造進化のためには、必要不可欠のものです。
No.19....正しい治り方を求めよ。
.........病は、病的条件さえ除いてやれば、ひとりでに治るようにできているのです。
No.20....人間的健康道は、癌のように治りにくいものでも、抗病性を高めさえすれば異常を持ったままで
.........生きていけるのです。
.........抗病性を高める方法? その@、そのA、そのB ‥‥。



<2010年2月1日>

No.11....『労働』を意識的に考えてみよう。
.........給料目当てに働くとストレスが溜まり疲労も蓄積する。
.........『喜働、謝働、そして悦働に導こう!』
No.12....理屈言うよりまず実行。失敗は才能開発の第一歩。
No.13 ...自浄作用を積極的に行え、運動不足、過食、常習便秘は万病のもと。
.........入れることより出すことを優先するとバランスがとれる。
No.14....不平、不満は心身症になる。何事にも感謝・感激すると肩こり解消。
No.15....他人の笑顔をみて、自分も喜びが倍加する生活の仕方が幸せを呼ぶ。



<2010年1月20日>

No.8...."寒中は、寒さに対する適応性を拡大するチャンス。
.........一枚余分に着込むよりも丹田力(下半身)を鍛えること。
No.9 ....アッと驚く息使いが禁物!ゆっくりと強く息を吐き、腰を引き締める。
No.10....不景気を嘆かない。この時こそ、意識的に全力投球して生きる。



<2010年元旦>

No.6.... "すべての眼が開けました。おめでとうございます。あらゆるご縁に感謝ですね"
  .....ありがとうございます。
No.7....ヨガでは、アオムの呼吸を大切にします。
........正月の神社まいりでは、コマイヌ(狛犬)サンが待ちうけています。左右に鎮座する狛犬さん
........"ウン(運)アウン(阿吽)の呼吸"
........今年も精一杯がんばります。お見守りください ! !

<2009年12月>

No.1 ....「健康自衛」は、すべての人の共通の願い。ヨガ生活者は、その推進運動の実践者
No.2 ....「知った」ことを「わかった」ことに導く行動力。情報で得たものは知識、体験(実践)で得たものは知恵、
..........理屈言うより、まず実行
No.3 ....ヨガとは、バランスを会得する教え。「動と静」・「温と冷」・「出すことと入れること」・
..........「しめることと緩めること」・「他のためにと自分のために」など
No.4 ....無理・無駄があると疲れる。「よく疲れる」はバランスを取れとの教え。
No.5 ...."目覚めは新しい歴史創りのスタート" "ねむりは感謝と祈りと浄化のとき"





【ホームページへ戻る】
Copyright(C) 2009 KATANO KENKOKAIKAN All Rights Reserved