記念大会について

     お知らせ&お断り

2015年 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、昨年末に皆様にお知らせ申し上げておりました
第41回 かたの健康会館創立記念大会は、
都合により中止させていただきます。
悪しからずご了承ください。今後の事は、ゆっくり考えます。

         かたの健康会館 館長 珠数 泰夫


[国際ヨガの日]

「インド南部・ハイデラバード10月」毎日新聞より
国際ヨガの日制定される
国連は、6月21日を「国際ヨガの日」に制定すると決めた。
インドムディ首相が、9月の国連総会の演説で提案。
日本を含む175ヶが共同提案国となっていた。
この日は日本でどのような規模の式典ができるだろうか?
写真は、ヨガを実践する私立学校の生徒たち。(ニューデリー発)









記録スナップ [マタニティ行法]

出産二週間前のマタニティ行法の実際(三嶋絵美様)
(ロコモシンドローム方式によるマタニティヨガ)
彼女は、結婚する前からヨガを始めていた。妊娠が判明してからも
週2〜3回一族揃って教室へ通い、ヨガ生活にも精通していた。
 ・一族とは、ご主人の両親、義姉と二人の子供(七歳と四歳)
  義姉と双子の子供(三歳)
二週間前に、彼女と一族の了解を得てポーズを撮影させていただきました。
2014年8月27日(水)の写真です。


写真@ 片足を床に支持して、反対の足を壁に押し付ける
    支持足側の腕を上に伸ばして5〜6秒耐える
写真A 伸ばした腕を壁につけようとする
写真B 反対向きでも同様に行う


............写真 @...........写真 A ............写真 B

C 壁に正面向きになり片足を伸ばし、両手を上に伸ばす
D その手を壁に押し付けようとする


............写真 C.............写真 D

E 正面を向き、壁に背中をつけたまま、両手を真上に伸ばす
  壁に、踵・臀筋・背中・首・腕の両肘がつけられるか?
F 手で足首を持てたら脚を真っ直ぐ伸ばし、両手も耳に
  つけて真上に伸ばす(5〜6秒間のリズム)


............写真 E..............写真 F

G 床に直立(足は腰幅)して、両手・背筋を前方に伸ばす
H 5秒数えて前傾(両膝を伸ばし)足首を持つ


............写真 G............写真 H .............写真 I

JK アーチのポーズに挑戦
L  妊娠10ヶ月の臨月のお腹(真ん丸く、中心が正中線)


............写真 J............写真 K .............写真 L

MN 一族との合同ヨガ 


............写真 M.................写真 N

当日のヨガタイムに一緒に参加した面々とハイポーズ! 







かたの健康会館 8月〜9月 主な日程

今夏の暑さは格別で、すでに最高気温38度をオーバーしています。
熱中症に注意して、お過ごしください。
当館の夏休みの日程と、日曜ヨガ講座の予定は次の通りです。

・夏休み期間 8月15日(金)〜22日(金)

・月末休校日 8月29・30・31日
       9月29・30日

・8月3日(日)第613回日曜ヨガ講座 AM10:00〜12:00
・9月7日(月)第614回日曜ヨガ講座 AM10:00〜12:00

よろしくお願いします。




記録スナップ [NPO沖ヨガ協会国際キャンプ]

2014年5月16日(金)〜18日(日) 
愛媛県松山市道後温泉で行われました。
珠数先生担当の「沖ヨガ修正法」を受講する
台湾沖ヨガの同志たち。




台湾沖ヨガ理事長と通訳の楊先生。(右端)




長男 珠数孝(生活ヨガ研究所主宰)




早朝の読経行法


アウトドアヨガの一頁






記録スナップ [さくら並木でヨガ行法]

2014年4月2日(水)・5日(日) 
かたの健康会館より徒歩3分 天野川の土手で
満開の桜の下でのヨガ行法です。


四人合わせて320歳となるレディースたち


当年当月86歳となる青年老人の逆立ちポーズ


当年89歳となる婦人の逆さか立ちのポーズ





















かたの健康会館41周年記念特別企画 伊勢神宮特別参拝の旅

2014年2月11日(建国記念日)12日(水)の二日間、
かたの健康会館41周年記念の特別企画として、伊勢神宮特別参拝のツァーを実施しました。
以下は、参加者より寄せられた忌憚のない感想文を記載させていただきました。
(主催者・かたの健康会館 珠数泰夫)



[伊勢神宮特別参拝の旅に参加して]

好天に恵まれ、冷たい空気がより神聖な場所として迫り
「今、すごいところにいるんだ!」と思えるくらいの圧倒的な存在でした。
周りの木々もシャキっと立ち、葉っぱもピカピカ光り輝き、活き活きとしていました。
20年に一度建て替えられる遷宮後の古いお社を裏側から見せていただき驚きを隠せませんでした。
そのわけは、神様がおられなくなる(生命力がなくなる)とこんなにも朽ちるものかと実感したことです。
初めてのお神楽も生で雅楽が聴けて、涙ぐむほどの感動をいただきました。
三嶋公男春日神社宮司様のおかげで、一生体験できないほどのたくさんの感動をいただきました。
ありがとうございました。
                        記・吉住智恵子

[伊勢神宮特別参拝(内宮・外宮)の感動]

帰阪した二日後には大雪警報がでて、お伊勢さんの参道は通行止めとなり、
私たちは神の御恵みをいただいたのかと不思議な思いがしました。
・厳粛な御垣内(みかきうち)参拝・古殿地(こでんち)拝観ができたこと。
・奥深い伝統工芸の一部に興味を惹かれたこと。
・尊厳なお神楽を見られたこと。
・めったに見られない貴重なお品をたくさん見られたこと。
・自然の恵みの大切さ(米作や野菜つくりなど)が感じられたこと。
・贅沢な二日間を過ごすことができたこと。
オリンピックは4年に一度ですが、20年に一度新装される式年遷宮は62回目で
1300年以上続いていることに、永久の時の流れが感じられ、
日本人で本当に良かったと、改めて感じられました。
                        記・先川秀子

[歴史の重みを感じさせていただいたお伊勢さん]

今回の旅は、心洗われ歴史の重さをひしひしと感じさせられた旅でした。
車中でお伊勢さん詣りのDVDを見せていただき、予習が出来ていたお陰でとても良かったです。
伊勢神宮の最もお偉い鷹司大宮司様にお目にかかれて感激しました。
外宮での古殿地拝観、内宮・外宮ともに特別参拝させていただき、そこに意味深いものを感じて
こみあげてくるものがありました。
ハイテクの世の中で、1300年もの間、営々とつないできた人間の素晴らしさ、色々な物の遺伝子を
繋いでいくことの大切さを感じさせてもらいました。
私のようなものでも何かを次の時代へ繋いでいるのだ、繋いでいかなければならない、という思いを
新たにしました。
天候に恵まれ、ヨガの仲間に囲まれ、美味しいものを沢山いただき、心落ち着いて
楽しく過ごせた良い旅でした。
                        記・宮崎直美





[営々とつながる「いのち」を感じる]

1970年(昭和45年)、大阪・千里丘陵で開催された大阪万国博覧会は、77国、4国際機関が
94のパピリオンをつくり、6500万人もの人たちを集めました。
さて、このたび皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)など伊勢神宮は、昨年10月に62回目の遷宮を迎えました。
20年に一度、社殿をすっくり建て替え、神様にお引越しをしていただくことをいうそうですが、
この第62回式年遷宮になんと1300万人の人たちが訪れた、とあります。
6500万人対1300万人、まったく違う出来事を軽々しく比較するのは恐れ多いのですが、一方の万博は、
まさに鳴り物入り宣伝活動が大々的に行われ、やってきた6500万人の中には外国人も170万人が含まれています。
こちら式年遷宮は、宣伝するものではなく、20年ごとに粛々と行われます。それでも1300万人もの人々が
日本中から「お伊勢さん」に向かいました。
これは、とりも直さず私達日本人が「お伊勢さん」を[心のふるさと]と遺伝子に刷り込んでいるのではないかと想像します。
この度のツァーでも、やはりたくさんの老若男女がひきもきらずに参詣に来ているのをみました。

今回のツァーの目玉は、御垣内での参拝、すなわち正式参拝でした。宗教心の薄いものでも、さすが御垣内に入ると、
すがすがしく、しかもきりっと引き締まった気持ちになる不思議な空間でした。
枚方春日神社・三嶋公男宮司さんの先導で、二礼・二拍手・一礼、
これが多分最初で最後、豊受大御神に最も近付けた「時」であったでしょう。
外宮正式参拝のあと、「古殿地」を拝観し、地面に直接置かれた掘立柱「神明造」の社殿を間近に見られたことは、
お参りとは別の興味を抱いたものでした。

別の興味といえば、ご遷宮があることによって多くの匠の技が、代々引きつがれていくことに
「日本人」としてとっても安心したことでした。
翌日、内宮でも一行の皆さんは御垣内参拝が出来ましたが、うっかり服装をラフにしていた私は、御垣内にはいることが
できませんでした。伊勢神宮はそれくらい敬虔なところでもあります。
この歳になってやっと「お伊勢さん」を垣間見た、そんな[かたの健康会館創立41周年記念]ツァーでした。
                        記・和田 喬

[創立41周年記念・伊勢神宮特別参拝に参加して]

二日間充実した研修をさせていただき感謝いたします。
@ 正式な参拝の仕方を学べたこと。
A 20年に一度の意味、理由はないそうですが、当時人生50年20年に一度ならば一生に二回可能なこと。
  伝統の伝承・すべての新調・新旧の姿を見て、人生の節目を実感する等など、多方面の勉強をさせていただきました。
B 三嶋宮司さんの随行で、緊張感があり、講話あり、また、神田を見せていただき、14種のお米を生産している
  お話を聞き感動いたしました。
C 豊かな宿とお料理にも堪能させていただきました。
D ガイドさんも大変おもてなしが行き届いていました。
最後に、次回の創立記念事業を楽しみにしています。
                        記・宮崎英男



                         

[新装になった神殿は実に美しい!]

真新しい桧木の黄金色と金具が調和して、荘厳な神々しさにあふれていました。
横にある古殿地との対比で、20年間の時の重さを思い知らされ、人間(自分)も年老いていく世代と重ねて、世の中が
若返ってゆく常若の思想は、力強いと思いました。
御神楽を楽しみにしていましたが、後ろの方に座っていたので、よく見えずに残念でした。以前にみて感激したのに
同じものでも時と場合によって印象が変わって見えるものだと思いました。
バスガイドさんが細かな心遣いを何気なくされていて、車中の最後の挨拶も行き届いていてすごいなと思いました。
私も人前で話させていただく時、こんな状態で話せるようになりたいと思いました。
とても有意義な楽しい旅でした。ありがとうございました。
                        記・水谷節子




[生まれてから二度目のお伊勢さん参り]

この度はツァーの企画をしていただいた珠数先生、三嶋宮司さん、ドン亭トラベルの坂東さん、ありがとうございました。
車中でDVDを観せていただき、1300年間同じ形を繰り返すことで文化を伝えること、一年間に1500回もの祭事が
あることなど、私たちには知らないことばかりで、無知な私が恥ずかしくなる程、たくさんの事を学習させていただきました。

バスガイドさんから「赤福」の中に入っている「伊勢だより」は、365日毎日違った内容が書かれていることを教わり
感動しました。おみやげに買って帰った赤福の伊勢だよりには、日別朝夕、神様のお食事を作る聖なる「忌火」(いみび)を
おこす道具が「火きり具」という。威儀を正した禰宜さんが火きり具を使います。うっすらと額が汗ばむ頃、
用意の枯葉にぽっと火が移ります。1300年前から今日までずっと、火をおこし続けておられることには、驚きの気持ちが
湧いてきました。これからも食物と自然への感謝をいっそう深めたいものです。
到着予定時刻もどこでもぴたりと決まり、運転手さんにも拍手です。
みなさまにありがとう、感謝です。
                        記・赤塚斉子

[心のふるさとを訪ねて]

幾度となく訪れているお伊勢さん、宇治橋を渡り、五十鈴川の清らかな流れ、鳥のさえずり、木々の間からそそぐ
新鮮な空気にふれながら正宮へと続く道がなんともいえず、ゆったりとした気持ちになり大好きな所です。
私の心のふるさとです。今年も1月4日〜5日と一泊二日で伊勢に行ったばかりでしたが、珠数先生の41周年記念旅行の
お誘いをいただいた時、即座に参加させていただく返事を出しました。
個人で行った時とは違う貴重な体験をさせていただき、伊勢神宮についてより深く知ることができ大変有意義でした。
20年に一度行われるという式年遷宮「常若」歴史を守りながら、尚いつまでも新鮮で新しい世界をつくるという、
なんと素晴らしい事でしょう。
日本が脈々と続いている、ここに原点があるのではないかとの思いをはせると同時に、日本を愛し、また日本に生まれた
事を誇りに思います。ほんとうにありがとうございました。
                        記・宇野紀子

[伊勢神宮特別参拝の旅に参加して]

今回、私が生まれてから三度目の式年遷宮。伊勢神宮を何度も参拝しながら、心身が洗われる清浄なところ、また20年に一度
遷宮が行われるということも、ぼんやりと知っていただけでした。
珠数先生のお陰で、三嶋神社宮司さまのお取り計らいで、外宮正式参拝からお神楽拝観など、最後まで自分ではとても出来ない
行程で素晴らしい体験ができました。
私は日本の風土から伝統文化、生活様式に至るまですべてが大好きです。
今回初めて遷宮、20年ごとに何もかもすべて元のままに造り直されること、ただ古いものを守り続けるだけでなく、新しくして
守るという、その発想に驚き感動しました。
社殿の造営と神宝の製作すべての行為が、神へ捧げること、神を崇め神へ繋がることになるのだと思います。このように世界に
類をみない祭り事を行なう、日本という歴史のある国を誇りに思います。また自分自身も神を崇め神と繋がる生き方、常若の
生き方をしたいと思います。それは何も考えず何も思わず、期待せず、結果を考えず、今、自分に出来ることをただやり続ける
ことだと思います。
最後に、いつも新しい体験をさせてくださり、導いてくださる珠数先生ご夫妻への感謝とともに、心から仰げる師に出会えたことに
深い喜びを感じています。今後共によろしくお導きください。
                        記・宇野郁子

[かたの健康会館41周年記念特別企画 伊勢神宮参拝ツァーに参加して]

今回のツァーに参加できたことからラッキーディが始まりました。
三嶋公男春日神社宮司さんから正式参拝の仕様をご指導くださいましたことは
本番の参拝の折には、今までより心身共にシャンと保たれました。
30人全員が格式深く拝礼できましたことはとても気持ちがよかったです。
二礼・二拍手・一礼の仕様がぴたりと揃って行動できたことは、日頃の先生の教えや
お話から適切に学べ実行することで成果が現われました。
お伊勢さんから学んだ神の心、自分が日本人であることの誇らしさを味わうことができました。
ともかく日々の一つ一つの仕草の大切さを教えられ、本当に人間再生の旅となり、我が身が
引き締まるほどのご恩を感じました。
今後は日々の生活を大切にして過ごしたいと思いました。ありがとうございました。
                        記・佐藤 睦

[私たち団塊の世代には目から鱗が落ちた気持ち]

今回は楽しい旅行をありがとうございました。
珠数先生、宏子先生、市島・尾上リーダー、それに長年がんばって続けておられる会員の皆様方と旧交を温めることができ、
とても嬉しく心よりお礼申し上げます。帰宅後も、ほのぼのとあたたかく心弾みます。
珠数先生が大切に守られた、かたの健康会館 万歳です。
三嶋宮司様そしてドン亭トラベルの皆様にも感謝申し上げます。
初めてかたの健康会館のツァーに参加させていただきました。
日本の歴史上、はずせなかった伊勢神宮はじまりから、今に至る経過、私達戦後教育を受けた団塊の世代は、目から鱗が落ちたような
気持ちでせんぐう館の見学をいたしました。
日本各地にある、歴史民俗資料館などでは、触らない神様と人間の営みを改めて理解したような気がしました。何も知らず二年前
同級生と旅行した時に感じた、「お伊勢さんには何かある‥‥」それは何かを改めて実感できた次第です。
これは何よりの心の財産となりました。また、神社参宮時の礼儀と正しい参拝の仕方など、日本人として、
知っておくべき作法を教えていただきお礼申し上げます。
                        記・清水ゆう子




[いつになく気持ちがやわらぐ道中になりました]

同行の皆様全員に感謝・感謝です。
素直に開いた心の内は、風通しよく、もう春の光りがながれてきました。
  白石を歩む
    ゆらぎゆらぎ前進
      浮いているのか
        一歩一歩
          その空氣の内へはいってゆく
                        記・三嶋保美


三嶋保美様 絵手紙


[かたの健康会館41周年記念特別企画・伊勢神宮特別参拝ツァーに参加して]

かたの健康会館創立41周年のスタートとなる特別企画・かたの健康会館のますますの繁栄と会員各位のご健康とご多幸を
祈念することを目的とした、神宮特別参拝ツァーの企画に携わらせていただき光栄に存じ、参加者の皆様のご協力のもと無事に
事故もなく終了することができたことを感謝いたしております。

参加者の方々の多くは、神宮(お伊勢さん)と言えば、内宮か、外宮としか思われていなかったのが、このツァーで、
神宮とは内宮、外宮を中心に伊勢市とその周辺に鎮座する125のお社を総称して神宮と称されていることを、ご理解いただいた
ことかと思っております。
私は、今この125社めぐりを実施しており四年目になります。山の頂上のお社、畑の真ん中にポツンと佇むお社、川・海辺に面した
お社などなど、なぜこの地に神がまつられたのか、との思いを馳せながら一年で10社〜20社をめぐり、あと2〜3年で終えられると
考えております。その暁には改めて寄稿できるようにしたいと思っております。期待しないで待っていてください。

40年前の第60回遷宮では、新領民として参加・ご奉仕をさせて頂いた体験が、今回のツァーで時間を超えてよみがえってくるものが
あり、これまでとは違った感慨、感動に出会うことができたことを喜んでおります。

今回のツァーで神宮をはじめ多くの「気」をいただき、心も体もリフレッシュ出来、清々しい気持ちになっております。
皆様も近くの氏神様にお参りし、「気」の充実を図り、日々元気に過ごしていただきたいと思います。

「自分が拝めるような自分、他の人から拝んでもらえるような自分、神様から拝んでいただけるような自分、すなわち生きていることを
誇りに感じる、そういう生き方をするということがあらゆる人間問題の解決の鍵であると思います」(沖正弘講話集より抜粋)との言葉を
心の糧として日々精進していきたいと、今回のツァーから意を強くした次第です。

皆様の中で、再度伊勢に行く機会があった場合には、出来ることなれば、内宮・外宮近くのそれぞれの別宮にも足を運んでいただき
連綿と続いてきた歴史等の一端にでも触れていただければ幸いです。
ありがとうございました。
                        記・春日神社 宮司 三嶋公男




記録スナップ [正月ヨガ行法]

2014年1月4日(土)・5日(日) 初ヨガ行法がおこなわれました。


初ヨガ行法に集まった面々 正月4日(土)


沖縄の石川博昭先生から珠数先生に届けられた色紙に喜びの表情










天川神社の鈴の音を聴く瞑想行法


1月5日(日)





かたの健康会館創立41周年記念 伊勢神宮特別参拝


かたの健康会館創立41周年記念大会日程決定!
今年の41周年記念大会は、過去に一度も実現できなかった
一泊二日間の伊勢神宮参拝バス旅行に決まりました。
詳細は、下記のお誘い文と伊勢神宮特別参拝のご案内をご覧いただき、
参加申込書に必要事項を記載の上、お申し込みください。
現在は伊勢神宮参拝の大ブームとなっており、特に外宮の拝観は
20年後まで出来ない(今年は3月31日限り)となっています。

かたの健康会館41周年記念旅行のお誘い



伊勢神宮特別参拝のご案内



参加申込書


伊勢申込書ダウンロード (jpgファイル

 

△up


かたの健康会館 1月の主な予定


2014年初ヨガタイム 1月4日(土)5日(日) 午前10:00〜12:00

平日通常ヨガタイム 1月11日(土)A・Bタイムより

寒さが厳しくなり、手足が極端に冷える人は、体調が狂いうやすくなります。
手や足・腰を冷やさないよう、軽い体操を欠かすことなく続けましょう。



【ホームページへ戻る】