.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.第5回は、裏面(ブルーカラー)の11日から15日までを解説します。


■日めくり日訓(ブルーカラー) 11日〜15日----H24.2.20







.日訓 11----自律神経の働きは、熟睡できるときは「副交感神経の働き」が
.正常な時、昼間活動するときは「交感神経の働き」が活発な時。
.夜更かしすると、この働きが逆転するので、昼間だるく・眠たくて
.活動力が湧いてこない。
.一日24時間しかない時を大切に、緊張するとき・緩めるときを
.上手に調整したい。







.日訓 12----小さな悩み・苦しみを無視して過ごすと、あとから
.段々に大きなものが押し寄せてくる。
.小さな事を、未解決のままにごまかしていると、とても大きな
.ものが追っかけてくる場合がある。
.神経質になることはないが、この悩み・苦しみは早期に解決して
.いくことが大切!の判断が決め手となる。







.日訓 13----親がいて自分の存在がある。人間も動物も植物でも、元があって
.遺伝子が伝わる。
.気に入る・気に入らぬ・好き・嫌いの感覚で物事をみると、
.不幸せがつきまとう。
.好き・嫌い・釋に障る・許せない‥‥などの思考感覚は、
.自分が試されている大切な教えと受け止めることが、人間向上の秘訣となる。







.日訓 14----年齢には関係なく、神様は必要な人を生かし、
.活かされるよう工面されているように思われる、ことが度々ある。
.呼吸の力のない患者に、点滴したり、のどに穴をあけて酸素呼吸
.したり、食べる気力のない人に、無理やりスプーンでクチから
.押し込むやり方は、人権無視としか思われない。
.寿命は、個性別に与えられた能力です。
.延命治療して、数日間とか数ヶ月しか延命できない場合、尊厳死を
.選ぶ勇気も大切ではないか。





.日訓 15----「ご縁は大切」。私の心の基底にあるものなので、
.これまでも度々登場した言葉です。
.縁がない人間関係もないし、仕事につくチャンスもない。
.いや自分の実力でつかみとったものだから、誰の御世話にもなっていないし、
.ご縁の大切さなんていう感覚はない、という人がいれば
.お目にかかりたい。
.「脱原発の声」は、今でこそ強烈に表面に出て受け入れられるが、
.大震災が発生しなかったら、脱原発の意識のある人は抹殺されていたかも?


【ホームページへ戻る】