.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.第3回は、裏面(オレンジカラー)の1日から5日までを解説します。


■日めくり日訓(オレンジカラー) 1日〜5日----H24.2.5







.日訓 1----物事の始まりは、理屈をこねる暇があれば即やってみること。
.行ってから失敗に気づけば、失敗の原因も冷静にわかり、更なる
.チャレンジ意欲が出てくる。失敗は、次ぎへの実践力につながる。
.なまじっか成功したかのようにみえても、こんなもの簡単だと、
.軽く見くびって、その後の能力向上に結びつかないこともある。
.立派な理屈が優先して、行動力に直結しない特技をもった人が多い。






.日訓 2----素晴らしい形や小枝から咲いた花を見て、
.これはすごい・うつくしいと表現することは誰にもできる。
.その形の根底では何が行われているのか・・・と観察し、
.熟考してみることは哲学的な思考・洞察力がいる上に、興味が倍加される。
.桜の木と花の関係は、目には見えない気候の変動にも関わる。
.平成24年の桜の開花は、昨年秋季の高温のために、
.冬眠する時期が長くなり、開花は遅くなるという。
   





.日訓 3----目覚めたということは,生命が息をしていること。
  .しかも、意識の深度によっては、なんとなく息をしている程度なのか、
  .今日一日どのようなドラマを演出しようか、ウキウキした気持ちで一瞬一瞬を迎える。
  .人生にとっては大きい。小さな過去のこだわり・ひっかかり・しゃくにさわる
  .・・・などに堂々巡りばかりしていたのでは、新鮮な歴史を創造できない。
 





.日訓 4----ストレス刺激に弱い人は、呼吸が浅く、
  .普段から息を吸うことが得意な人である。息は、吐けば勝手に入ってくるもの、
  .吸うことを意識しない。姿勢の狂いとストレス刺激の感受性は比例する。
  .どんな場合でも、大切なことは、肛門をしめ、腰をいれ、
  .背筋をスッと伸ばしていれば、吐く息にも力が入り、長く吐ける。
  .武道家や茶華道家には、丹田力(たんでんりょく)が決めてとなる。
  .足・腰・腹を強化することが、たくましく生きる力である。
 





.日訓 5----生き物は、訓練次第で強くも、弱くもなる。
.動物は、人間とは違い、自然界に適応するように生きている。
.しかし、人間は不自然界に生きて、ストレスを多く感受して
.生きなければこの世では、生きられない。
.そのために人間は、肉体訓練と精神訓練と生活訓練の3部門に
.心向けて訓練する必要がある。
.痩せるためにダイエットするとか、筋力アップのためにジムでの
.トレーニングする・・・などという考え方や行動は、
.人間訓練の偏向です。三つ巴での訓練が人間トレーニングです。

【ホームページへ戻る】