.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.初回は、表面(ブルーカラー)の1日から5日までを解説します。


■日めくり日訓(ブルーカラー) 1日〜5日----H24.1.15





日訓 1----何を行なうにも、スタートが肝心です。
.ただ何となくスタートすると、
.だらだらとけじめがつかなくなります。
.これまでにはない新鮮な刺激を、生命に与えて、
.イノチが喜ぶ変化刺激を加え、
.ピリッと神経を興奮させる気分が大切です。





日訓 2----生きる基本は、呼吸することです。
.その呼吸にも大切な型を意識することが重要です。
.息をするにも、吐く息は、前に出る。
.吸う息は、中へ吸い入れる。
.積極的な気持ちを沸き立たせるには、吐く息を強く、長く。
.ストレスを飲み込むようになるには、吸う息を強く、長く。
.病気を吹っ飛ばすのか、抱え込むようにするのかは、どちら?






日訓 3----赤ちゃんの呼吸をみるのは、お腹の動きを観察するとよくわかる。
.ご機嫌よく笑っている時のお腹・胸の動き
.体調が悪く、ぐずぐず泣き声を出す時のお腹・胸の動き
.無意識の動作の中に、健康的で前向きな気分になっている時には
.力強く、深く・長く吐く息とお腹に力が入った赤ちゃんは、健康児。
.大人の呼吸型は、興奮しやすく、ストレスを抱える乱れる呼吸型になり易い。






日訓 4----すべて出し入れのバランスが決め手となる。
.毎日の排便と排尿、発汗と分泌液(体液ホルモン)、金銭の出入り、
.部品の貸し借り、精神的な貸し借り‥ともかくすべてがバランス。
.スポーツ選手のトレーニングには、どこでバランスがとれるのか?
.アマチュア選手のトレーニングには、無駄・無理のバランスが必要。
.日常生活の安定化を進めるには?
.入れるより、出すことへの意識が、バランスをとる源(みなもと)






日訓 5----癖(くせ)に気がつくと、すぐに変えられるものだろうか?
.そうはいかないのが、人の生活習慣で身につけた気づかないくせ。
.両方の歯で噛んでいるつもりでも、片側の歯で噛んでいる‥‥。
.サッカーをするとき両足を使って動作しているようでも、得意な側の足で多く蹴る。
.ウォーキング(歩く)での左右の足のバランスが体重差(左へ4・右へ6)や
.偏りに気がつかない毎日、その蓄積が大きな偏りをつくっている。
.ゆがみや偏りを修正して、逆体重への意識が起きるのか、起きないのか?



【ホームページへ戻る】