.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.第10回は、裏面(ブルーカラー)の21日から31日までを解説します。


■日めくり日訓(ブルーカラー) 21日〜31日----H24.4,23






.日訓 21----今・今日・現在をどのように過ごすべきか?を考えることを止めて、
.これからどのように過ごしたらいいのやら心配と不安ばかりで夜もねむれない、
.という人が意外に多い。
.その考え方が無駄であり、無理になるために、ストレス性心身症になるのです。
.明日以後、将来は、今の連続です。今しなければならない事柄を
.行わずして未来に直結するものはないのです。







.日訓 22----無理な考えや無駄な行動をして、疲れた・くたばったと言っている人は、
.無駄生活専門家と言います。
.思考活動と習慣性は、無駄をして疲れる状態にすることが得意なわけです。
.他人から何かをいただくとうれしいと思う。しかし、何かを供出してほしいと
.言われると文句を並べる。
.得することはするが、損することには文句を言う、という根性では
.バランス法則に反する。







.日訓 23----チャンスがないから何もしない、というタイプの人は、
.何かをしてもらうことを待つタイプ。
.毎日どこにでも、ご縁を結ぶチャンスはあるものです。
.これがチャンスのご縁だ、ありがたい!
.気に入らないことはチャンスでないと思うのは、チャンスにする気がない証拠。
.プレッシャーをストレスとしてしまう癖があるからです。
.たとえば、水シャワーを体にかけるのは冷たい・風引く・
.血圧が高くなるからしない‥‥とかです。









.日訓 24----育自(いくじ)は、毎日の生活の中でするものです。
.毎日の食事も、ヨガのポーズも、瞑想も、そして仕事もすべて自分を育てるものです。
.常識というものを間違って捕らえていると、育児も育自もできません。
.日々の運動もしないで、食事にカロリーの高い食物、砂糖入りの菓子を
.食べているようでは、毒育コースの専門家です。









.日訓 25----音楽の演奏・うたを歌う時には、弱・中・高・超高音‥‥
.という音程がある。
.だから愉快に、楽しく、歌い踊ることも楽しくなる。
.人生も、本来は、音楽のようなものだと、私は思い・感じている。
.毎日毎日、いわれることば・内容・動作・リズムが一定であれば
.惰性になり、おもしろくも・たのしくも・張り合いもなくなる。
.人生を、もっと愉快に、値打ちがあるようにする秘訣、それは芝居や
.オペラの演技のごとくにあるべき!と思う。









.日訓 26----親しい友人が集れば、懐かしい過去のお話に花が咲きます。
.同時に、気に入らぬ仲間のうわさや悪口にのめりだすものです。
.何とか自分を有利に導くために話すことが、悪口に聞こえるのでしょうが、
.何とか、自分以外の人たちを、すばらしい人の個性あふれる集まりだ!と
.したいものです。
.きっと、そのサークルには、ハッピーな現象が増えて、いつしか幸せの種から
.芽が出て育つことでしょう。









.日訓 27----楽しんで行うことはとてもむづかしい。困難な事態に遭遇しても、
.アウンの呼吸と丹田(腹)を締めると、集中力が増して楽しむことができる。
.どんなことでも焦っているときには、呼吸も動作も速くなって、リズムが乱れる。
.仕事も趣味も人生も、楽しんで行いたい。









.日訓 28----勉強の能率があがるときなど、周囲のことには気にならない。
.雑音があっても集中できるのは、心にも体にも無理がないときです。
.水を飲みたくないのに(体が要求していない)、飲まなければと勝手に思い
.無理に飲んでいる人は多い。
.お茶一杯でも、酒一口でも、イノチの声を聞いて飲むように心得ると
.無駄に飲む必要がなく、体調は良くなります。









.日訓 29----仏教には〔無財の七布施〕の教えがあります。
.お金を使わず相手を喜ばせる施しのことです。
      .顔は、自分には見えないもの、相手に見てもらうものです。
.日常的に苦手な相手に挨拶をかわす際にも、目を見て、微笑みをもって
.会釈をすれば、親近感が湧き、和合・調和できます。









.日訓 30----体にも心にも適応性の幅を広げるには、冷水浴をすることです。
.毛穴からは、皮膚呼吸を盛んにしているので、美容になり、風邪を引かなくする秘訣です。
.私は春夏秋冬を問わず、毎朝起床直後に、風呂場で冷水を全身にかぶるようにしています。
.お陰さまで、風邪引きそうになっても2〜3日で回復します。
.温冷風呂があると、交互浴をすることが最良です。









.日訓 31----人間は本来個性別です。人の物真似は出来ないのが当然です。
.他人にはない特徴があることを自覚すると、世界中でだれも真似ができない
.自分がいることがわかります。
.他人と比較して、卑下したり、臆したりすることは無駄なことです。
.自分は、世界中で、たった一人のすばらしい自分だ!との誇りをもちたい。




【ホームページへ戻る】