.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.第8回は、裏面(オレンジカラー)の21日から31日までを解説します。


■日めくり日訓(オレンジカラー) 21日〜31日----H24.4,3






.日訓 21----追い詰められたり、ストレスが溜まった場合など、
.もうだめかと自分をどん底に追い込めるのは、呼吸が浅く乱れて、
.しかも吸う息が強くなっている場合に、ダメだめ方向に向うのです。
.「弱気」は、「病を導く気」となる。
.どんな状況に追いこまれても、丹田(腹)に力を集め、歌をうたう時のように
.足元を固める(締める)ことで、よい状態に脱出できます。







.日訓 22----体力があるのに、体力がないような気分で、
.寝ることばかり考えている人は、生命力を弱体化させているようなものです。
      .生命が絶たれると、永遠にねむることになるのですから、
.生きている間よく動くことです。
.ため息を何度もする人、動作をする時ヨイショと掛け声を出すくせがあると、
.呼吸が浅く、何事もヨイショでするようになります。







.日訓 23----だれでも劣等感はもっているもの。人様と比較して、
.自分が劣っていることもたくさんあるのです。劣っているとことがあるから、
.少しでも良くしたいとするのが人間らしいところです。
.他人と比べて勝手に自分の悪いところ、醜いとことばかり気にする癖はよくない癖。
.マイナス思考と行動の癖をやめ、よい気を吐き出そう。
.成功への道は、邪気を吐き出すこと。







.日訓 24----何事もおもしろくない気持ちで行うと、無駄な時が過ぎる。
.どんなことでも、これは自分のためになると思えば馬力が沸いてくる。
.仕事も遊び、習い事も遊び、これも運動になり、気力も体力もつく
.チャンスと考えれば、やることなすことがおもしろくなってくるものです。
.祈り瞑想も、趣味を伸ばす行動も、静かな禅(坐禅)と動作禅の両道が
.できるようにしましょう。静かな禅(パソコン作業も読書も)
.農作業も動禅として楽しむ。






.日訓 25----薬を飲んでいる人は多い。でも薬を飲んで元気を出す方法は、
.この薬を飲むと病気も怪我も良くなおるのでありがたい、とする人には、
.パワーアップの良薬となる。
.こんな薬はききめがない、やぶ医者の出す薬は効果がない、
.では毒薬を飲んでいるようなものです。
.薬でも、粗食でも、ありがたい私のためになる!と感謝の心でいただけば
.良薬となり、効き目が倍加されるのです。






.日訓 26----狭い解釈をする習慣が身についている人は、
.周囲の人々にも迷惑をかけていることに気づかない。
.社会体験が少ない人は、自己流の自分にとって都合がいい解釈をする。
.そのために、衝突が発生しやすくなる。
.今日までに失敗の苦い経験がない人、自分中心の考えが得意な人ほど
.狭い解釈しかできない。
.苦手にチャレンジしている人は、奥行き幅もあり、自然体で融通が利く。






.日訓 27----迷い病の特徴は、ああでもない、こうでもないと
.不安や恐怖心が前に出て理屈を並べてみる。しかし、元の狭いところに戻り進化はない。
.足・腰・腹の力が衰えると、脳神経も萎縮して、判断する力も決断する力も弱る。
.吐く息の呼吸に切り替えられたら、一気に環境が変わるのですがね。









.日訓 28----失敗することに臆病になると、言葉にも行動にも現れる。
.実験好きな人は、失敗する回数により、決断する力も強くなり、成功率が増すという。
.苦労・忍耐・またやり直す勇気が大切。それが結果として、成功に導かれる。










.日訓 29----何もかも自分でできる。将来もあなたの世話にならない。
.一人で生きるか世話を焼かないでほしい、という人に出会うことがある。
.病気になっても、怪我をしても、痴呆症になった場合でも、自分一人で
  .支えきれるものでしょうか。
.意地の強い自分を誇張しても、いずれは、何も出来ない自分がいることになる。
.素直な人間になりたい。我を張らず、認めるところは認めたい。
.それでいて自然道人間となる。






.日訓 30----人間の生活習慣で、最も低下しているのは、「食事をするときに良く噛む」
.という習慣がなくなっていることです。
.秀吉が大坂城を築城した時代では、玄米食を梅干のおかずで、
.喜んで、ありがたいと感謝して、いただき、皆よく働いた‥‥と記述されている。
.築城の完成には、厳しくつらい日々であったはずです。
.現代人の食習慣は、いただきます・ごちそうさま・申し訳ありませんの
  .礼儀を忘れてしまって、ご馳走を求め過ぎています。
  .良く噛めば心身が充実していく。





.日訓 31----断・たつ  捨・すてる  離・はなれる
.すべての学びの基本。
.3月11日東日本大震災発生の日のこと。昭和20年3月から8月までに
.日本全土では、大空襲に襲われ、一瞬にして悲惨な目にあった時を、想い返される。
.焼け跡には、人家も人も動物もそして樹木も何もなくなった、日本の姿。
.現在の姿を見て、とても空しい。でも‥‥。
.「法悦の世界を創り出す」のは、『断・捨・離』の体験・体得が基本となる。
.おかげさまでありがたい、の世界を創り出して、ガンバろう!!




【ホームページへ戻る】