.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.第8回は、裏面(オレンジカラー)の16日から20日までを解説します。


■日めくり日訓(オレンジカラー) 16日〜20日----H24.3.27







.日訓 16----体験していないことを語ってもきわどい真意が伝わらない。
.高校球児の石巻工・主将の選手宣誓は、自分自身が大震災津波で自宅がなくなり、
.その体験を心に厳しく抱き、それを震災復興・再建の切実な心を表現したことに、
.世界の人々が感動。
.若い心の働きと実践力が、宣誓の言葉となり、すべての人々に「感動・感激」の
.表現になった。感動の涙・涙・涙の宣誓の言葉でした。







.日訓 17----日々の生活に右往左往しているようでは、ご恩を感じて
.したいとは思えない。
.この年齢まで、各種の師匠に学び、その教えの奥にある、幸せの源とは何か?
.その心底を感じとり、「自分の至らなさ、浅ましさ、度量のなさ、自分優位の姿勢」に、
.お詫びが出来たら、人間世界で今後も生き続けてもよい。
.バランス、安定、平和、幸せなどに至る原点です。







.日訓 18----平和・夢・安定という言葉の意味はとても深いものです。
.自分中心の夢は、いずれ家族へ、グループへ、集団へ、国家へと
.進展することを念じたい。
.基の想念の発祥は、自然法則にかなっていて、自然体・自然心・
.自然神のお呼びの通り、精一杯行き着くところへ落ち着けばよい。
.上手く進まない時期には、心身霊の浄化が最大の課題となる。







.日訓 19----「70歳にして呼吸の真意を知る!」ヨガを始めて三ヶ月。
.人生というのか、生命というのか、この真意は深い。
.生きることは、呼吸を正常にしている状態。
.しかし、この最悪状態で、息の強さによって、生きられた!
.先日のニュースでは、一週間地震跡に埋められていた男性が、瓦礫のなかから
.掘り起こされた。呼吸をゆっくり吐くこと、必ず助かる‥‥との想念。
.冬眠状態の心理・精神統一は、私も一度も体験がない。







.日訓 20----私が一番正しい考え方だと思い込み、他者の考えは間違い!と
.決めつけるタイプの人は、仲間はずれし易い。
.自分の視野を広くするためにも、先ず白紙の状態で臨むこと。
.そして、師匠の教えを忠実に真似る(見習う)こと。
.基本を見習った後、自分流を添えてみる。自分流が基本にかなっている時から、
.基本を乗り越えて行なってみる。(離れる)
.多角的な方向性が産まれて、バランスのよい思考活動ができる。




【ホームページへ戻る】