.日めくり日訓」は、表面(31項目)と裏面(31項目)の表と裏で、
.62項目を一冊にまとめたものです。
.健康改革・精神改革・生活改革そして、
.生き方改革のヒントになればとの思いを込めてまとめました。
.一日ごとにページをめくり、小さな気づきができるかも?
.「人は、その人生において大小さまざまな悩み・苦しみ・つまずき
.行き詰まりがあるものです。
.その時々に、何に気づき、どのように判断し、行動するか問われます」
.日めくり日訓のことばをヒントに、あっそうか!そうだったのか!
.そうしてみようと、否定せず、素直に受け入れて、実行することが、
,決め手となります。

.第7回は、裏面(オレンジカラー)の11日から15日までを解説します。


■日めくり日訓(ブルーカラー) 11日〜15日----H24.3.15







.日訓 11----自分一人の力では生きることはできません。
.日々の食べるものひと品でも、自分で作りだすことは無理です。
.土壌・種・水気・肥料・管理方法・・・相当な手間がかかります。
.肉や魚が好きでも、それらを手に入れるまでの工程は、
.とんでもない人手や環境がなければなりません。
.一日を生き通すにも、ほとんどが他力に頼っている有様です。
.電力・ガス・空気・太陽・○○・・さん。ありがとう・感謝です。







.日訓 12----方向が決まると、その目的に向って走り出します。
.しかし、方向を間違えると行き先にたどり着くことができません。
.迷路に入り苦悩するのです。その壁にぶち当たったままでは
.迷い子となり、地獄へ落ちるしかありません。
.新世界を求めたいなら、方向を変え、新しい道を求めてやり直す
.勇気と決断力が大切です。







.日訓 13----悪いこと・良いことを区別することが得意な人がいます。
.自分にとって得になること、うれしいことは良いこと。
.損することおもしろくないこと、溜めにならないことは、悪いことと考える。
.許せないことでも、許す気持ちになってみる。
.失敗したことでも、この経験は後できっとためになる、成功するためには
.この経験が必要なんだ、という度量の広さを持てばきっと
.見えないものから光が輝きでてきます。







.日訓 14----チャンスは、どこにでもあります。一日中チャンスだらけです。
.そのチャンスをつかむタイミングがあります。
.勇気・自信・経験ですが、これを逆にして考えるとわかりやすくなります。
.「経験を深めると自信ができる」
.「自信を持てるようになるには信念を持つ」
.「勇気百倍とするには、何事にも挑戦してみる」







.日訓 15----息を吐けばリラックスでき、頭脳がさえる。
.同じ病気でも息を吸うことに力を入れると治り難いが、
.息を吐くことに努力すれば治癒しやすいのです。
.ピンチの時に息を長く・強く吐く努力をする。強いマラソン選手の
.息使いを観察していると、吸う息には力が入らず、吐く息のリズムが
.主導しているので、走るリズムにも無理がない。
.苦しい顔の表情になれば吸う息に力が入ってきている証拠。




【ホームページへ戻る】