かたの健康会館トピックス(投稿広場) (2009年6月投稿)

■館長


 珠数泰夫先生

■ かたの健康会館はどんな教室?
かたの健康会館は、1973年にヨガ教室を開き
ヨガ普及活動を継続している



 かたの健康会館の玄関



 教室内のミニトマト

E-mail:yoga-katano@nifty.com

■受講感想文 奥殿 友俐子さん(妊娠9ヶ月)--------------------------H21.6.27

私にとってのヨガとは、ポーズ・呼吸・講義すべてにおいて 人間性を育てる修行の場だと思っています。そして初めての妊娠&出産、こんな私が立派な母親になれるのか? とても不安がありました。そんな時、ある人にこんな言葉をかけてもらいました。「産まれてくる赤ん坊、人間1年生  産んだ自分、母親1年生  子育て楽しみながら頑張れ!」その言葉を聞いた時に、そうか母親1年生かぁ〜 だったら初めから何でも上手にできなくても当たり前だし、 赤ん坊から色々な事を学べばいいのだと思えるようになり、 今までの不安が期待と希望に変わりました♪
そしてふと未来の自分を想像してみて、 きっと、いやたぶん、いや絶対に、自分の母親と同じようになっているんだろうなぁ〜って 思ったら、1人で笑ってしまいました。
ただ今妊娠9ヶ月、嬉しい!楽しい!ありがとう! これからの出産&子育て、嬉しい!楽しい!ありがとう!

■受講感想文 奥殿 勝彦さん(友利子夫人の夫/会社員)-----------------H21.6.27

妻と一緒にヨガを始めて2年経ちます。ヨガを通して皆さんが本当に元気で健康で幸せな笑顔を共有していると感じます。
仕事で忙しく毎週行けませんが、ここ最近少し皆さんと笑顔を共有できていると 実感しております。これからも、もっと色々な事を共有できるように頑張っていきます!
そして妊娠9ヶ月の妻は、元気に笑顔で毎朝私を仕事に送り出してくれます。いつも本当にありがとう!
妊娠中も仕事に家事にウォーキングに活動的で本当に元気で、健康的でありがたいです。そのすべての原動力は毎週1回(土曜日)に参加しているヨガにある、と思っています。
そして、私の原動力は奥様の笑顔です!
あと2ヶ月、新しい生命の誕生を楽しみに待っています。大安産!できそうな気がします。

■受講感想文 津山智香子さん(出産後4ヶ月)--------------------------H21.6.24


かたの健康会館をはじめて訪れてから3年と少しになります。ヨガを始める前はダンスの先生と会社勤めをしており、ヨガを始めたきっかけは、ヨガの指導を仕事にできたらいいなと思った事からでした。
インストラクター養成講座なるものを受講し、簡単にレッスンを受け持つようになりましたが、何か違うな、こんなに何も知らないのに人様の前に立って良い筈がない、もっと勉強したいと心苦しく思っていました。そんな時、ここなら本物のヨガを体験させていただけるのでは!という思いで珠数先生の指導を受け、これだ!!と目からウロコが落ちたのです。身体だけでなく心の面、食、生活全体、そして呼吸を整えることがヨガなのだと教えて頂きました。
一生学べるヨガと出会い、私は幸せだなあと嬉しくなりかたの健康会館へ通う事が楽しみになりました。
今年の2月に出産、助産所での自然分娩、到着から2時間余りの大安産でした。妊娠がわかってからも変わらず週に2〜3回は通い、お腹が大きくなってもどんなポーズもできるんだという事を体感しました。受講前に定位置にいなかった赤ちゃんも、先生に修正をつけて頂くとよい位置に落ちつくのでした。呼吸が深くなる事で元気な赤ちゃんが育ち、骨格が整う事で赤ちゃんが良い位置に収まり、スムーズに産道を進んで来てくれました。陣痛と陣痛の間のリラックスやいきんだり緩めたりの呼吸の調整も、これぞ緊張と弛緩、本当に呼吸の使い方で身体がコントロール出来るんだ〜と感心しながらお産をしていました。
沖ヨガと出会っていなかったら私はどんなだったかな・・・今はヨガのお陰でおだやかで元気一杯な息子も一緒に通わせて頂いています。これからの子育て(親育て)も自然体で取り組めることと思います。ありがとうございます。


■教室体験記 小嶋節子さん(受講8ヶ月)------------------------------H21.6.20

からだのところどころに衰えとゆがみ、かたよりがあることを感じはじめヨガを本気でしてみたいと思い、かたの健康会館へ入門しました。初日は、簡単にできると思っていたポーズ(魚のポーズ)をして、気分が悪くなり、立っていられない状態でした。どうしてこんなことになるのか戸惑いました。先生は、内臓への刺激が強いので、これを繰り返すと内臓のパワーアップになる、と言われました。その後何べんも繰り返している間に、気分が悪くなるどころか、スッキリしてきます。ヨガは体のケアだけではなく、心のケアと一体だと感じ入りました。とてもよい出会いができて喜んでいます。呼吸法が上達するようにと努力しています。毎回参加するたびに、壮快な気分で帰れるのが最高です。写真は、最初めまいがして苦しいポーズと思われた魚のポーズです。となりがラクダのポーズです。

■教室体験記 田島秀子さん(入会後約21年6か月)---------H21.6.6
----精神的な面、身体的な面、仕事上や、
母の介護などすべての生活面でヨガは役立っています!!
ヨガを始めた頃(21年前)、私は健康な身体を維持していると自負していました。
だから体調が悪くて、ヨガを始めたのではありません。
ところが、10年ほど前、家族が入院し、看病に明け暮れたことから、ストレスと
過労で、卵巣嚢腫となり、手術をすすめられました。
そのことを珠数先生にも相談したところ、からだのゆがみや片寄りを、ヨガを続ける
ことでバランスがとれるので、病気を治すのではないが、入院しないでもよくなるよ、
といわれました。
そのアドバイスで、毎週ヨガに通い、通院治療を合せていました。
そのうち医師から不思議がられるほど良くなりました。
この時、心と体のバランスを同時にとるように努力することが重要だ、と気がつきました。
以前の私は、人前で話すことが苦手で、とても消極的でした。
ところがいつの間のご縁からか、接客業を仕事にするようになり、それが
予想外に長年続けられたのです。
体調が悪くなると、ヨガポーズ、腹式呼吸、食事の調整(少食)をすることにした結果、
医者にかかることもなくなりました。
ヨガは、ただポーズをしてきたえるだけでなく、呼吸をコントロールできてくると体全体の
バランスがよくなって、物の見方や感じる力まで変ったことがよくわかります。
年数は、20年以上ですが、長期間家庭の都合でお休みしていましたが、珠数先生ご夫妻や
リーダーの皆さん、受講生の皆さんが温かく迎え入れてくださるのでとても嬉しいです。
このすばらしいヨガを、なるべく多くの人に体験していただけるようにと考え、最近では
指導者の研修にも加えていただきました。
恩返しができるようにがんばります。

■教室体験記 三村昌弘さん(入会後約1年1か月)---------H21.6.7
----ヨガを始めて1年余、私は今、秘かに自負していることがあります。
それは、近頃入浴した折、湯船の中で自分の下腹を見ると、臍の下、横皺が数本刻まれます。
脇腹にも腰骨から肋骨の間に、縦皺が少し斜めに走ります。
私はそれに気付いた時、珠数先生の写真が頭に浮かびました。
(『こころのヨガ』P.90 バンダの習練)
きっと、あの珠数先生の下腹には、力強い皺が刻まれているに違いない。
私もあと幾年か今の調子で頑張れば、あの下腹に追い付けるかもしれない。
これが、今、私のヨガに対する意気込みと自負です。



■教室体験記 水谷亜紀さん(入会後約1か月)---------H21.6.5
----かたの健康会館へ通い始めて1か月になります。
ヨガは以前からしていましたが、私が実践してきたヨガは
体を柔軟にしてきれいなポーズをとることを一番の目的としているものでした。
そんなヨガに疑問を持ち始め悩んでいた時にかたの健康会館を知りました。
こちらでは、哲学的に言えば「よく生きる」ということを学ばせていただけるように思います。
私は大学生の娘二人と毎日ダイエットを意識した食生活を続けています。
そんな中で珠数先生の「食」についての教えは本当に参考になります。
これからは家族全員で全てにおいてバランスをとることを考えて暮らしていきたいと思います。


【ホームページへ戻る】

Copyright(C) 2009 KATANO KENKOKAIKAN All Rights Reserved