2012年 珠数館長の目(自然&生物 観察)

■館長


 珠数泰夫先生

■ かたの健康会館はどんな教室?
かたの健康会館は、1973年にヨガ教室を開き
ヨガ普及活動を継続している


かたの健康会館の玄関です。
E-mail:yoga-katano@nifty.com


【ホームページへ戻る】
■撮影月日   2012年12月4日  場所 館長自宅 


【皇帝ダリア 真っ盛り!】
11月上旬から咲き出した皇帝ダリア3本。
最低気温が10℃を下まわる日が多くなってからぐんぐん開花。
今では50輪以上が咲き、降雨に重く垂れ下がり
枝が折れそうになる。
快晴の空にさえる!(写真@AB)


...................写真 @......................................写真 A ...............................................写真 B


■撮影月日   2012年11月15日  場所 館長自宅 


【まゆはけ草】
咲いています。
眉を刷くにはちょうどよさそうです。(写真@A)


...................写真 @......................................写真 A

【ホトトギス草】
こんな芸術的、神秘的な花も珍しいですね。
左側にあるのは、「ぼんてん菊」(写真BC)


...................写真 B......................................写真 C

【皇帝ダリア】
2.5メートル〜3メートルの高さで咲き出しました。
毎日3〜5輪ずつ咲き、一か月後には50輪から100輪以上咲きます。
今年は、小枝が5本出ているので、多分200輪ほど咲くかも知れません。(写真DEF)


...................写真 D......................................写真 E ...............................................写真 F


■撮影月日   2012年10月10日  場所 館長自宅 


【酔芙蓉(すいふよう)の花が満開!】
この花の不思議さは、朝には純白の花が見事に咲いている。
ところが時間の経過により、真っ白な花弁が、ピンク色に変色して
夕刻には、真っ赤となり小さくすぼむ。
まさしく酒に酔うほどに顔の色がかわり、酔い心地よさそうに咲いている。
5〜6時間も経つころには、すっかり酔いがまわり、昼寝から目を覚ますと
すぼんでいるのだ。
八重咲きの酔芙蓉は、とても不思議な味わいがある。
地面から2〜3メートルに咲きほこる。(写真@ABCD)


...................写真 @......................................写真 A ...............................................写真 B



...................写真 C......................................写真 D

この花の名前を教えてください。
鉢植えで、高さ1メートル位。紫色の上品な一重花です。
朝開花して、夕方には落下。また別のつぼみが咲いて、また次の朝に咲く。
シックで上品な味わいがします。(写真EF)


...................写真 E......................................写真 F

このつる花の名前を教えてください。
昨年いただいた種をプランタンに蒔きました。米粒大のものを5粒。
5粒全部が芽を出しました。6月頃から、朝顔のように伸びてきたので、
支柱を立てました。9月、10月になって1メートル以上に伸びました。
どんな花が咲くのか楽しみに待ちました。
ようやく10月5日に一輪咲きました。その三日後には、五輪咲きました。(写真GHI)
朝顔科でしょうが、ちょっと花のつき方が珍しいのです。


...................写真 G......................................写真 H ...............................................写真 I


■撮影月日   2012年9月17日  場所 館長自宅 


【アンデスの乙女】
秋本番は「菊」が定番。
でも私の庭では「アンデスの乙女」が咲きほこっている。
地植え(10年目)は、高さ5m以上に繁ってみごとな咲きっぷり。(写真@)
「アンデスの乙女」鉢植え(3年目)は、背高1m。(写真A)


...................写真 @......................................写真 A

【皇帝ダリア】
「皇帝ダリア」が咲き出すのは、10月初旬。(写真B)
背高3m以上になるのを防止するため
下枝を5〜6本カットしたところ大成功(写真C)


...................写真 B......................................写真 C

すばらしい二重の虹
9月17日夕方。(写真D)


...................写真 D


■撮影月日   2012年8月5日  場所 館長自宅 


【伸びた皇帝ダリア】
猛暑の中、水をかけずに大きく伸びるダリア。
植えた3株から株別れして、合計5本が2.5メートルに。
今にも咲きそうに思える成長ぶり。9月の中旬まで待ち遠しい。(写真@)


...................写真 @

【白いゴーヤできる】
夏の名物のゴーヤ。いまや日除けとなり節電対策で植えている人も多い。
我が家のゴーヤは、畠に3本植えているだけなのに、毎日1〜2本収穫。
今年も白色ゴーヤが豊作。
味は緑色と変わらないが、何故か涼しげな庵治がする。(写真AB)


...................写真 A......................................写真 B

【盛り花トマト】
トマトつくりの秘訣は、水やりをしないこと。
水やりするとトマトの枝ばかり伸びて、見ができない。
今年のトマトは、一本から150個〜170個もできた。
枝ぶりの良いところを切りはなして、盛り花にしてまた。
みなさんこの成りようが、素晴らしいので歓心される。(写真CD)



...................写真 C......................................写真 D


■撮影月日   2012年5月11日  場所 館長自宅 


<皇帝ダリアの新芽が伸びてきました。
大輪のダリアが咲き出すなは9月中旬?
その頃には、背丈3mにもなります。(写真@)
純白の大手まり(写真A) 小手まり(時期が過ぎました)(写真B)
ジャスミン(二階ベランダまで伸び満開)(写真CD)


...................写真 @



...................写真 A......................................写真 B



...................写真 C......................................写真 D


■撮影月日   2012年4月7日  場所 館長自宅 


【青葉アカシア(ミモザアカシア)】
満開のアカシアの花は、樹齢10年。
サクラ・桜 いつ咲くの?と待ちわびて、
やっと開花の時期が来た大阪。
アカシアの花は、3月初旬から咲き出し、今が満開。(写真@A)
鮮やかな黄色で初春の情景を変えている。
花持ちがよく、私がとても好きな樹木の一種です。


...................写真 @......................................写真 A


■撮影月日   2012年3月15日  場所 館長自宅 


【皇帝ダリア 被災地へ嫁入り準備】
宮城県亘理郡亘理町(わたりちょう)に住む「石井秀博さんの庭」に
皇帝ダリアの新芽が嫁入りすることになりました。
嫁入り準備は、震災発生から一年過ぎた日の前日(3月10日)のこと。
ビニール袋の中で冬眠させていた苗木から新芽が出たので、
鉢植えにしました。(写真@ABCD)
亘理町は仙台空港に近く、津波にさらわれた後の自宅は、震災後七ヵ月で
みごとに再建されました。その屋敷の片隅に、嫁入りが決まりました。
親元は、桑野幸徳先生宅から。四年前に珠数家にきて、その子孫にあたります。
塩水を含み作物が育て難いという土地。はたして10月頃咲いてくれるでしょうか?


...................写真 @......................................写真 A ...............................................写真 B


...................写真 C......................................写真 D


■撮影月日   2012年2月21日  


【十五人揃いの雛人形】
二月中旬、交野カントリー倶楽部フロントホールに飾られた
ひな壇でのワンカット。私が男雛!
十五人揃い雛を直に見られるのは、今時めずらしい。
内裏雛。三人官女。五人囃子。随身。仕庁。衛士。(上段から下段へ)
 (雛人形)
三月の節句に飾る人形の総称をいう。平安時代には貴族の子どもの遊び道具。
ひな壇に飾るようになったのは江戸中期から(日本語大辞典より)



■撮影月日   2012年2月21日  場所 館長自宅 


【十月桜(四季サクラ)】
何度も記載してきましたが、この寒中(二月)、寒いとも言わずに、
毎日咲き誇り、尊敬する毎日です。
朝目覚めてすぐに拝みに畑に出ますが、とても健気なサクラを拝むような
気持ちで合掌して、称えています。
今週は、積雪はないにしても、野外のバケツの水に厚い氷が張ったり、
霜柱が立つ寒い朝晩です。我が家の畑で咲き誇るサクラ。狂い咲きではありません。
四季咲きさくらとは、良い名前をつけたものです。年中咲きます。(写真@AB)
(木は一本・高さは役3メートル・幹の太さ10センチ弱)


...................写真 @......................................写真 A ...............................................写真 B





【ホームページへ戻る】

Copyright(C) 2009 KATANO KENKOKAIKAN All Rights Reserved